2020年01月07日

社会は厳しい

ご飯の時間でもないのに、めずらしく引きこもりマチャキがこちらを見ています。

「あら、どうかしたの?」と、おせんちゃん。


「あれーマチャキ。こっちに何か用?」
ソラも気づきました。


         「別に・・・何もねーし」

「あっそう。じゃ、ご勝手にー」


そしてまた、1人たたずむマチャキ・・・・
なんだかとても寂しそうにみえてしまう(´;ω;`)

         「・・・そんなことねーし」

人間とも、他の猫とも、さほど交わることのないマチャキ。
唯一頼りのお母さんを亡くしてから、どんな思いで過ごしているのだろう・・・

でもね・・・
差し伸べる手を待っているだけでは、誰も寄り添ってはくれないもの。
(猫に言ってもしょうがないけどicon11)

難しくも悲しい現実だけれども・・・

マチャキを見ていると、とても切なくなるよ・・・
  


Posted by cat's愛 at 12:44Comments(0)保護猫